プロペシアでAGA対策

男性型脱毛症(AGA)

40代後半になってから急激に髪の毛のボリュームが減ってきて、特に頭頂部の髪の毛は全然なくなってきたといってもいいくらいのものになりました。
これまでは「まだまだ若いね〜」「髪の毛がフサフサでうらやましいなぁ」と言われていたのに、2、3年であっという間にハゲおじさんの仲間入り。

 

そこで学生時代からの友人に相談してみたところ「多分それ男性型脱毛症だよ」といわれました。
最初は「?」という感じでしたが、「AGAって聞いたこと無い?」と言われ、そういえばテレビCMか何かで聞いたことあるような無いような。

 

早速インターネットで調べてみると、男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンが増えることで急速に髪の毛が抜けるようになるハゲの病気の一つなんだそうです。
対策方法も一緒に調べると、まぁ出てくる出てくる数々の対策方法。
どれもこれも対策方法として正しいものなのでしょうが、私としては「本当かな?」と思うようなものばかりでした。

 

なんでも皮膚科医でAGA治療を行っているということだったので早速受診してみました。
血液検査をして、「AGAですね」といわれたときには「やっぱりね……」というなんともいえない気分に。
お薬を処方されたのですが、これが【プロペシア】というお薬でした。

 

インターネットでプロペシアを調べてみると、脱毛の原因になっている男性ホルモンの生成量を低下させることでAGAの進行を抑えることができるんだとか。
これからプロペシアを飲んで、AGAを解消することができればな〜と思っています。