プロペシアでAGA対策

プロペシアがAGAに効く理由

AGA(男性型脱毛症)が起こる原因は男性ホルモンによるものです。
男性ホルモンの一種であるテストステロンと5α-リダクターゼという酵素が結びつくと「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンに変化します。
このジヒドロテストステロンの血中濃度が高くなるにつれて髪の毛の毛根部分が萎縮していって抜けやすい髪の毛になるんだそうです。
ちなみに、AGA患者の人が頭頂部の脱毛が起こりやすいのと生え際部分に脱毛が起こりやすいのには理由があって、それぞれの部分にジヒドロテストステロンがたまりやすいからなんだとか。
私の場合でいえば、頭頂部の髪の毛が脱毛している「O字型」ですので頭頂部にジヒドロテストステロンが溜まっているということになりそうです。

 

プロペシアがAGAの解消に効果があるのは、ジヒドロテストステロンの生成の過程をシャットアウトすることができるからなんです。
プロペシアを毎日1mg摂取すると、テストステロンと5α-リダクターゼが結びつくのをブロックすることができるのでAGA治療に用いられているんですね。

 

プロペシアを飲んで、AGAの症状が治まっている間にしっかりと頭皮のケアをしたり、体の内側から育毛を促進させるような食生活を送ることによって髪の毛を生やすことができるようになる、という考え方で用いられています。

 

つまり、プロペシアはAGAの症状が進行するのをストップすると同時に育毛や発毛などもサポートすることができるようになる(正常な毛根の髪の毛が生えるようになる)ので、【飲む育毛剤】といわれているほど高い効果を発揮することができるというわけなんですね。